番組審議会

第211 回 エフエム山形番組審議会議事概要

エフエム山形では、第211 回エフエム山形番組審議会を、平成22 年4 月15 日
(木)14 時00 分から16 時30 分まで、当社4階会議室で開催しました。当社佐
藤社長挨拶、長岡番組審議会委員長の挨拶に続き、4 月14 日の7 時30 分から8
時50 分に放送した自社ワイド番組「Pop’n Morning」を試聴・合評しました。
この番組は、この4 月からの番組改編に伴う新番組です。爽やかな朝に、音楽の
力でリスナーの今日を応援するモーニングプログラムとして、曲は流行りのJ-POP
から70 年代から80 年代の洋楽まで、ポップをキーワードに選んでいます。朝に必
要なニュース・天気予報・交通情報に加えて、山形のカルチャー情報を曜日変わり
で紹介。出演は日下純。ワンマンスタイルの生放送番組です。審議の内容は以下の
通りです。
◎ 朝のこの時間は、短い時間しか聴けない事が多いが、朝の情報として必要なニ
ュース、天気予報、交通情報などが、適度に放送されていた。
◎ 日下アナウンサーのニュースは聴きやすかった。全体的なトークは、もっとポ
ップでも良いのでは。
◎ 番組冒頭の、山形大学の学生による朝の様子を伝えるところは、若いリスナー
を意識したものとしているが、素人の話し方と、幅広い年代の人が聴いている
その時間に放送する事には違和感がある。
◎ 音楽の紹介は、演奏者名や曲名だけではなく、なぜその曲をかけるのかなどの、
もっと丁寧な説明がほしい。
◎ 朝の生放送番組だけに、もっとライブ感があっても良いのでは。
等の意見が出されました。
出席者は以下の通りです。
長岡好永委員長(上山)・上田裕行副委員長(大江町)・村田則子委員(鶴岡市)逸
見良昭委員(山形市)・土屋秀敏委員(山形市)・平清水公宣委員(山形市)三浦孝
一郎委員(山形市)
以上