番組審議会

第216 回 エフエム山形番組審議会議事概要

エフエム山形では、第216 回エフエム山形番組審議会を、平成22 年10 月21
日(木)14 時00 分から16 時00 分まで、本社4階会議室で開催しました。弊
社佐藤社長挨拶、長岡番組審議会委員長の挨拶に続き、10 月15 日(金)の13
時30 分から19 時00 分までに放送した自社制作レギュラー番組「岩崎敬のラ
ジオロイド」を試聴・合評しました。
ラジオロイドは、今年の4 月からスタートした、5 時間30 分という開局以来
最長の生ワイド番組です。「リスナーとパーソナリティの共感」をメインコンセ
プトに、良質な音楽を県内に拡げることとしています。リスナーのターゲット
は25 歳から45 歳で、その時期に合わせたメッセージテーマや選曲、情報、企
画を盛り込んで構成しています。出演はエフエム山形の岩崎敬、アシスタント
は米沢女子短大生の林彩子(19 歳)、リポーターはJORI の3 名。
審議の内容は以下の通りです。
◎ 金曜日の午後に、5 時間半という長時間番組だが、いたるところでその日の
テーマを話しているので、クルマの中など、途中から聴いても楽しめる。
◎ 毎週、番宣CM でもテーマを放送しているので、番組に参加しやすい。
◎ ベテランの岩崎に対してアシスタントの林は、素人ではあるがラジオでは声
が良く通り、日に日にうまくなってきている。これからが楽しみだ。
◎ 音楽はフルコーラスが多く、じっくりと聴けた。この方針でこれからも続け
てほしい。曲が終わった後にも丁寧に曲の紹介をしているのでわかりやすい。
さらに曲のジャンルを広げてはどうか。
◎ 全体的に、ややハイテンションな3 人のトークに対して、ゆったりとした「緑
のおはなし」や「石野田奈津代」のコーナーがクールダウンになって、聴き
やすい。
等の意見が出されました。
出席者は以下の通りです。
長岡好永委員長(上山)・村田則子委員(鶴岡市)・逸見良昭委員(山形市)
土屋秀敏委員(山形市)・平清水公宣委員(山形市)・三浦孝一郎委員(山形市)
以上