番組審議会

第201回 エフエム山形番組審議会議事概要

第201回エフエム山形番組審議会を、4月16日の午前11時30分から、エフエム山形の
4階会議室で行いました。長谷部代表取締役社長の挨拶、長岡委員長の挨拶に続き、新年度
の番組審議委員の委嘱状交付を行いました。また今年度より、新委員として三浦孝一郎氏(山
形市)を委嘱しました。次に3月29日の午後6時から6時55分まで放送した、特別番組「秦
万里子トーク&ミニライブ、半径5メートル物語」の、試聴・合評を行いました。
この番組は、3 月24 日(火)に、山形市内の結婚式場を会場にして行われた「JA 全農山
形 酪農レディースセミナー2009」のメインイベントである、秦万里子のミニライブの模
様を、録音構成したものです。
このイベントは、JA 全農山形が、昨今の厳しい酪農情勢の中で、酪農経営を献身的に支
えている酪農家の女性を対象に行ったものです。当日は、予め公募したリスナー30 名も
参加し、生産者と消費者との交流も含めて行いました。番組では、牛乳の消費拡大を図るべ
く構成された秦万里子のライブ&トークと、酪農関係者の出演によるインタビューCM を融
合させ、一体感を持たせた展開となっています。
審議の内容は、次の通りです。
◎ライブの音がクリアで、非常に良かった。たまたま最近、他のコンサートに行って感じた
事だが、生の演奏の音とCD で聞く音とでは、かなり違った。おそらくこの秦万里子のライ
ブは、会場ではもっと楽しく気持ち良く聴けたのだろうが、これからも生の音の良さが感じ
られるようなラジオ番組を作って行ってほしい。
◎秦万里子は初めて聴いたが、それでも人間性が非常によく伝わってきた。
◎即興演奏という事だが、音楽的に基礎ができているせいか、安心して楽しく聴けた。
◎CM 内容と番組の一体感はあったが、CM 出演者と番組進行の出演者は、番組上の立場が
違っているので、別にした方が良かったのではないか。
◎秦万里子の歌の内容が、「酪農、牛乳」の一色で染められており、とことん牛乳のある生
活の素晴らしさをうまく表現していた。酪農家や牛乳のイメージが、ものすごく上がったと
思う。・・・などの意見が出されました。
出席者は以下の通りです。
長岡好永委員長(上山市)・上田裕行副委員長(大江町)・村田則子委員(鶴岡市)・土屋秀
敏委員(山形市)・逸見良昭委員(山形市)・平清水公宣委員(山形市)・三浦孝一郎委員(山
形市)
以上。