番組審議会

第206 回 エフエム山形番組審議会議事概要

エフエム山形では、第206 回エフエム山形番組審議会を、平成21 年10 月15 日(木)
11:30-13:30 に弊社4階会議室で開催しました。弊社社長挨拶、長岡番組審議会委員
長の挨拶に続き、10 月9 日(金)の16:00~18:55 に放送した自社制作レギュラー
番組「わっ金ランド!」を試聴・合評しました。
「わっ金ランド!」は、週末のワイワイ感を盛り上げる金曜夕方のワイド番組です。
コンセプトを『リスナーが直接参加できる「大人も楽しめる遊園地」的にぎやか週末
バラエティ番組』とし、リスナーが直接番組に参加できるコーナー「わっ金プレミア
ム」を設けています。また、情報は「地産地消」。ベタと思える山形の情報でも、改
めて聴いてみて為になったと言われるような切り口を重視しています。さらに選曲は、
リスナーターゲット層である30 代~40 代に合わせて、80 年代のJ-POP を中心に行
っています。
審議の内容は以下の通りです。
◎ 話のテンポが早く、楽しく聴けた。また次の放送も聴いてみたいと思える内容だ
った。躍動感があり、ノリの良いパーソナリティに魅力を感じた。その中でもメ
インを務めている2人のやりとりがスムーズで聴きやすい番組だった。
◎ どの時間帯から聴いてもすんなり番組を聴くことができる。3時間同じテンショ
ンで放送しているので、途中から聴いても「わっ金ランド」とすぐわかる。
◎ ターゲット層が30 代~40 代にしっかり絞ってあるところが良い。選曲もこの年
代に合わせてあるので、この年代のリスナーにとっては、魅力的な番組である。
ただ、反対に絞りすぎていて「大人も楽しめる」というテーマに反しているよう
に感じた。
◎ 番組を通して、フリートークが多く内容が浅く感じられた。放送毎のテーマと番
組内容に関連性がないので、テーマとしてもっとこだわったものがあったほうが
よい。また、伝える情報ももっと詳しい情報を伝えるべきである。
◎ レポーターの質問の仕方が良かった。これからキャラクターが確立していけば、
ますます面白いレポートになると思う。
等の意見が出されました。
出席者は以下の通りです。
長岡好永委員長(上山)・土屋秀敏委員(山形市)・村田則子委員(鶴岡市)
逸見良昭(山形市)・平清水公宣委員(山形市)・三浦孝一郎委員(山形市)
以上