番組審議会

第281回 エフエム山形番組審議会議事概要

第281回エフエム山形番組審議会が5月19日(木)エフエム山形本社会議室で開かれ、5月5日(金)20時から放送したエフエム山形制作のレギュラー番組「喫茶DEナイト」を試聴・合評しました。この番組は、今年の4月で7年目に入った長寿番組のひとつ。FM局としては珍しいリスナーターゲットをナイスミドル、ベテランのおとな世代に当て、昭和の流行歌を中心にオンエアする番組です。またリスナー参加型のイントロクイズや四文字作文、生電話交流などのコーナーがあります。今回審議した放送回では、こどもの日ということもあり、昭和のアニメソングも取り上げています。パーソナリティは、ワッキー貝山。
(審議内容は次のとおりです)
◎ターゲット層にピッタリ合う選曲。どこかで聴いたことがある曲も流れ、幅広い層の人が楽しめるのではないか。
◎構成に緩急があり、トークと楽曲のバランスも良かった。また金曜日の夜の放送という特色から、週末前のリラックス感が出ている。
◎出演者の話術は巧みで、人を引き付ける魅力がある。そのためかリスナーも一緒になって番組作りを楽しんでいるようだ。
◎楽曲をフル尺で聴けるのが良かった。様々なジャンルの楽曲が選曲されているので楽しめたが、マニアックすぎる話についていけない部分もあった。
平清水公宣副委員長(山形市) 逸見良昭委員(山形市) 柏倉美輝男(山形市)
狩野慎一郎(山形市)