番組審議会

第208 回 エフエム山形番組審議会議事概要

エフエム山形では、第208 回エフエム山形番組審議会を、平成22 年1 月21
日(木)11 時30 分から13 時30 分まで、弊社4階会議室で開催しました。
弊社佐藤社長挨拶、長岡番組審議会委員長の挨拶に続き、1 月18、19 両日の
16 時から18 時55 分に放送した自社制作レギュラー番組「Voice to R」の内、
16 時台を試聴・合評しました。
「Voice to R」は、平成18 年4 月にスタートした3 時間の夕方の生ワイド番
組です。情報と音楽の二本立てで、日替わりのテーマをもとにリスナーからメ
ッセージなどを募り、聴いてちょっと幸せな気持ちになれるような番組作りを
目指しています。月曜日は加藤漢太と山田夕美子、火曜日は加藤漢太と大友ま
さみ、水曜日は日下純と佐藤綾香、木曜日は日下純と伊藤博美がパーソナリテ
ィを担当。今回は1 月19 日火曜日に放送した16 時からの30 分と、18 日月曜
日の16 時30 分からの30 分を試聴しました。
審議の内容は以下の通りです。
◎ 加藤さんの声がすごく印象的で、聴き易く説得力もある。番組の途中から聞
いても、すぐに加藤さんの声と判ると言う事は、ラジオにとってとても大事。
◎ 県内で活躍されている起業家へのインタビューコーナーは、やわらかい話し
方で、聴きやすかった。
◎ 相手の女性パーソナリティとの掛け合いは楽しいが、単調になったところが
ある。もう少し踏み込んで会話を深めてはどうか。
◎ 3 時間の番組として構成が良くできており、いい音楽もしっかりと聴けたが、
テーマについてのトークは、もう少し掘り下げてもよいのでは。
◎ 夕方ワイドならば、帰宅途中の人に向けて、家で待っている人からのメッセ
ージも取り入れたら、なお良かったのではないか。
等の意見が出されました。
出席者は以下の通りです。
長岡好永委員長(上山)・上田裕行副委員長(大江町)・土屋秀敏委員(山形市)・
平清水公宣委員(山形市)・三浦孝一郎委員(山形市)
以上