国土防災技術株式会社が行う森づくり「南陽・草木の森」

番組ブログ

Blog

国土防災技術株式会社が行う森づくり「南陽・草木の森」

緑の宝~やまがた絆の森~

番組詳細ページはこちら

隔週金曜日の午前11時30分からお送りしている「緑の宝~やまがた絆の森~」

この番組では、山形県が企業や団体、森林所有者と協定を結び行っている「やまがた絆の森づくり」についてご紹介しています。

今回は、南陽市で活動を行う「国土防災技術株式会社」の「南陽・草木の森」を訪れました。

こちらはドローンで草木の森を撮影した写真です。

こちらのため池を作るために、草木の森の敷地内にあった木が伐採されたそうです。

入口には看板が設置され、高さ25mもの大きな木、南陽市指定天然記念物の餅杉にまず目が行きます。

熊野大社の裏に位置するということもあり、昔、この場所には茶屋があり、餅がふるまわれていたそうです。

そこからシンボル的なこのスギは「餅杉」という名前がつけられたようです。
森の名前とも大きな関わりがある「草木塔」も餅杉の近くに立ててありました。

6月上旬。
山形県内でも気温30度以上となった真夏日に今年度最初の活動が行われました。
コロナ禍ということもあり、例年よりは縮小しての開催となりましたが、国土防災技術株式会社の皆さんがあつまり、作業を行いました。

今回の作業は、下草刈りやくずの根っこの処理。そして東屋のペンキ塗りです。

「草木の森」についてお話を伺ったのは、国土防災技術株式会社山形支店 参与 佐藤恒治さんです。

こちらの電動草刈機を操作しているのが、佐藤さんです。
佐藤さんは「やまがた絆の森づくり」活動の他にも、「木の文化・木のおもてなしガイドブック2020」を制作したり、山形県森林インストラクター会の会長や広葉樹を暮らしに活かす山形の会の代表を務めるなど、様々な場所で活動されている森林のプロです。

そして、この日の活動について教えていただいた(左)山田さんと(右)吉埜さんです。
皆さん、暑い中での活動、本当にお疲れさまでした!

今日の放送は、7月23日(金)までradikoのタイムフリーで聴くことができます。
radiko→https://radiko.jp/share/?sid=RFM&t=20210716113000

 

次回の放送は、7月30日(金)午前11時30分から。

NDソフトウェア株式会社が取り組む「こもれびの郷」の活動についてご紹介します。
次回も是非、お聴きください。

Archive