NDソフトウェア㈱が行う森づくり「NDソフト・こもれびの郷」

番組ブログ

Blog

NDソフトウェア㈱が行う森づくり「NDソフト・こもれびの郷」

緑の宝~やまがた絆の森~

番組詳細ページはこちら

隔週金曜日の午前11時30分からお送りしている「緑の宝~やまがた絆の森~」

この番組では、山形県が企業や団体、森林所有者と協定を結び行っている「やまがた絆の森づくり」についてご紹介しています。

3回目は、南陽市で活動を行う「NDソフトウェア㈱」の「NDソフト・こもれびの郷」を訪れました。

「こもれびの郷」は、今年3月に閉館となった「ハイジアパーク南陽」に隣接した場所にあります。
入口には看板も設置されています。

森の広さは、3ha。
森の入口付近には杉並木があり、小川が流れています。
小川を渡るための橋は、なんと手作りです!

 

今年の6月中旬。
この日はあいにくの雨模様となりましたが、活動は予定通りに行いました。
活動を始める前に、まずは「山の神」へのお参りです。

安全を祈願したところで、早速、作業開始です!
今回は下草刈と倒木の処理の活動を行っていました。

下草刈で使っているのは、こちらの鎌!
福田アナが持つとなんだか死神みたいです。(笑)

 

倒木は、チェンソーを使って小さく切り分けて処理します。
結構大きいので、切断するだけで大変です!

 

将来的には、「こもれびの郷」を遊歩道として楽しんでもらいたいという思いを持ってらっしゃるので、こうした道をふさいでしまうような倒木はしっかりと処理を行います。

倒木の処理作業を見学させていただいたのですが、倒木は斜面や周りに生えている樹などお構いなしに倒れるので、足場がとても悪く、その中で、チェンソーを操りながら作業するというのは、大変だということを目の当たりにしました。

改めて森づくりというのはとても大変な作業であると実感しました。

「こもれびの郷」についてお話を伺ったのは、NDソフトウェアの三本学さんです。
三本さんは、四国出身なんです~

チェンソーの扱い方も慣れていて素晴らしかったです!

雨の中で大変な作業となりましたが、この日の作業は無事終了。
最後に、今回作業を行ったNDソフトウェアの社員の皆さんと記念撮影をさせていただきました。

皆さん、本当にお疲れさまでした!

 

今回の放送は、8月6日(金)までradikoのタイムフリーで聴くことができます。
radiko→ https://radiko.jp/share/?sid=RFM&t=20210730113000

 

次回の放送は、8月13日(金)午前11時30分から。

㈱ウンノハウスが取り組む「ウンノハウス企業の森」の活動についてご紹介します。
次回も是非、お聴きください。

 

Archive